駐日欧州連合代表部/国際協力機構共催 「欧州開発報告書2015発表セミナー」

日時 2015年3月11日(水)
午前9時30分~11時30分(受付開始9時~)
場所 JICA市ヶ谷ビル2F 国際会議場 (JR中央線・総武線市ヶ谷駅、地下鉄新宿線市ヶ谷駅、有楽町線・南北線市ヶ谷駅 徒歩10分)
地図リンク 地図
イベント内容

現在、2015年が達成期限であるミレニアム開発目標(MDGs)以降の新しい国際開発目標(ポスト2015年開発アジェンダ)の策定に向けた国際社会での議論が行われています。また、20157月にはアジスアベバにおいて第3回開発資金国際会議が行われ、ポスト2015年開発アジェンダ実施のための資金および実施手段について議論が行われる予定です。

 

 欧州委員会では、2009年以降、独立した研究報告書として「欧州開発報告書(European Report on DevelopmentERD)」をODIECDPM(European Center for Development Policy Management)DIE(German Development Institute)等の欧州シンクタンクに委託して発行しています。2015年版のテーマは、「ポスト2015年開発アジェンダに向けた資金調達と実施手段」です。

 途上国の資金フローにおいて、ODA以外の内外の民間資金等比率が高まっている中で、ポスト2015年開発アジェンダの実施に向けて、途上国ではどのような政策が求められるのか。公的資金の果たすべき触媒的な役割とは何か。同報告書では、資金動員や資金の効果的な活用に関する政策、および国際公的資金の役割に焦点をあて、政策提言を導き出しています。同報告書の内容は、欧州各国の開発政策にも影響を与えるものと考えられます。

 

この度、欧州連合(EU)より開発協力総局援助政策課長ならびに欧州開発報告書の執筆チーム(欧州シンクタンク研究者)が来日し、同報告書の内容をご紹介し、討論・質疑応答を行うセミナーを開催いたします(※)。使用言語は英語・日本語(同時通訳付き)です。

ポスト2015年開発アジェンダ、開発資金、欧州・途上国の開発政策等に関心のある方々にぜひご参加いただければと思います。お忙しい中とは存じますが、ぜひともご参加くださいますよう、お知らせいたします。

 

※同報告書の正式発表は20154月にブリュッセルで行われる予定です。本セミナーは正式発表に先立ち、日本で内容を先行発表するものです。

  

 

プログラム:

9:309:40 開会挨拶(JICA / 駐日EU代表部)

9:409:50 イントロダクション

(ガスパー・フロンティーニ欧州委員会 開発協力総局 援助政策・政策一貫性課長

9:5010:35 欧州開発報告書概要発表

(執筆者チームより:ジェームズ・マッキ―ECDPM主任研究員、ピーター・ウォルフDIE主任研究員

10:3511:20 討論・質疑応答

11:2011:30 閉会挨拶

主催者 国際協力機構、駐日欧州連合代表部
言語 日本語・英語(同時通訳あり)
参加費 無料
申込み方法 件名を「欧州開発報告書2015セミナー参加希望」とし、Eメールにてお名前とご所属先をJICA企画部 武正:Takemasa-Yasuhiro@jica.go.jpまでご連絡ください。
定員 100名
関連ファイル

pdf Program

pdf ERD note

問い合わせ先 JICA企画部(担当:西村、鈴木、武正) 電話:03-5226-9110 Email: Takemasa-Yasuhiro@jica.go.jp