現在の場所はホーム > JICA国際協力総合研修所・JBIC開発金融研究所の調査研究情報 > 分野・課題別援助研究報告書 > 援助アプローチ

援助研究会報告書

『指標から国を見る ―マクロ経済指標、貧困指標、ガバナンス指標の見方―』

【表紙】

2008年3月発行

事業の戦略性を高め、質の高い事業を展開するために、開発途上国の抱える重要な開発課題を的確に把握し、問題解決に向けての適切かつ現実的な処方箋を書くことが求められています。そのためには、プロジェクト・レベルのミクロな視点だけではなく、国レベルでのマクロな視点で問題を捉えることも重要だと考えています。そこで、援助関係者が、マクロ的な視点で「国を見る」能力の向上を図るため、研修用教材「指標から国を見る ―マクロ経済指標、貧困指標、ガバナンス指標の見方―」を作成しました。

本教材では、開発戦略文書の中で頻繁に登場する「マクロ経済」、「貧困」、「ガバナンス」を対象分野として取り上げ、それらの分野における基本的な指標の見方を学習できるようになっています。このテキストでは、まず、戦後の開発戦略の変遷をたどり、これらの指標の背景にある基本的な開発の視点について概観します。次に、マクロ経済指標の見方、貧困・社会指標の見方、ガバナンス指標の見方について事例をもとに解説しています。また、国の基本的な統治制度の枠組みの見方も説明しています。

主に初級者向けのテキストですが、本教材を活用することによって、各種データソースから基本的な開発指標の時系列的な推移を見、他国との比較を行うなど、マクロ的な分析を行うことが出来るようになります。また、そうした分析を通じて、対象国の開発上の問題の所在について理解を深めることが出来るようになります。

目次

目次、図表目次、略語集(PDF/630KB)

はじめに(PDF/740KB)

第1章 開発戦略の変遷(PDF/774KB)

  • 1-1 マクロ経済へのアプローチ
  • 1-2 構造主義
  • 1-3 新古典派アプローチ
  • 1-4 改良主義
  • 1-5 世界銀行の1990年代のODA政策の見直し
  • 1-6 世界銀行のPRSPベースの新援助体制
  • 1-7 グッド・ガバナンス

第2章 マクロ経済指標(PDF/1.74MB)

  • 2-1 基礎指標
  • 2-2 産業構造
  • 2-3 直接投資
  • 2-4 マクロ経済バランス
  • 2-5 金融
  • 2-6 財政
  • 2-7 貿易
  • 2-8 国際収支

第3章 貧困指標(PDF/936KB)

  • 3-1 貧困の定義
  • 3-2 ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)
  • 3-3 貧困者比率(貧困率、Headcount Ratio)
  • 3-4 貧困ギャップ率(Poverty Gap Ratio)、2乗貧困ギャップ率(Squared Poverty Gap Ratio)
  • 3-5 ジニ係数(Gini Coefficient, Gini Index)、所得階層別の所得シェア(Percentage Share of Income or Consumption)
  • 3-6 人間開発指数(Human Development Index:HDI)
  • 3-7 人間貧困指数(Human Poverty Index:HPI)
  • 3-8 脆弱度分析と地図化(Vulnerability Analysis and Mapping:VAM)

第4章 ガバナンス指標の見方(PDF/970KB)

  • 4-1 ガバナンスとは
  • 4-2 各援助機関によるガバナンス指標の活用
  • 4-3 世界銀行(World Bank)におけるガバナンス指標の活用
  • 4-4 世界銀行研究所のガバナンス指標
  • 4-5 国別政策・制度評価(Country Policy and Institutional Assessment:CPIA)
  • 4-6 各ドナーのガバナンス指標
  • 4-7 その他機関のガバナンス指標

第5章 国の基本的な統治制度(ガバナンス)(PDF/717KB)

  • 5-1 憲法
  • 5-2 三権分立
  • 5-3 選挙制度
  • 5-4 中央集権と地方分権

調査研究「国を見る能力」の実施体制、奥付(PDF/527KB)